レディースもののピアスを買おう|自分を演出できる最高のアイテム

バイクには必要不可欠

購入する前に大きさを確認しよう

カバン

バイクの積載量を増やす収納用品の中でも、特に容量が大きく重宝するのが、後部座席に取り付けるシートバッグと呼ばれるタイプです。また、そのつける位置からシートバッグはバイクの走行の邪魔になりにくいのも特徴です。さらに、大型のものなら背もたれとして利用できる品もあり、乗車時の快適性の向上まで見込めるメリットもあります。その反面、後ろに人を載せてのタンデムはできなくなりますから、そうした場面があるなら、着け外しがしやすいタイプのシートバッグを選ぶと良いでしょう。そして、そうした特徴の他にも、シートバッグには様々な種類が存在します。例えば大きさひとつ取っても、日常の使用に向く15L程度のものから、ツーリングにも使えるスーツケース並みの容量まで、かなり細かいサイズ展開があるのです。また、ファスナーなどで状況に合わせてある程度大きさを調節できる容量可変タイプもあり、対応の幅の広さが人気です。そして、内部の構造も、シンプルに何でも入れられるタイプや細かい仕切りが多いタイプなど、用途に合わせて選べます。ですから、シートバッグを購入する際には、まず自分のバイクにはどのくらいの大きさまで積めるかと、一番積むことが多い荷物の量の両方を確認しておくと選びやすくなります。その上で、収納力や防水性能、仕切りの有無など、その他の条件で絞っていくと、あれこれ迷うことが少なくなり、自分に最適なシートバッグを見極められます。

大容量でおすすめ

男性

シートバッグは、中長距離のツーリングを楽しむライダーに最適なものです。ツーリング先でキャンプを楽しむ場合は、テントや寝袋、マット、着替え、食事など、荷物が多くなります。この時、ライダー自身がリュックサックを背負ったり、ゴム紐などで荷物を固定してしまう方法を選択すると、走行時の安定性を低下させる危険性があります。またストレスにより、疲労感が強くなり、ツーリングを楽しめなくなってしまいます。シートバッグはこれら問題を解決してくれます。シートバッグは容量が大きく、簡単にバイクの積載量を上げることができます。タイプによっては、容量が可変できるものがあり、ちょっとした外出からキャンプでの利用など、場面に合わせて大きさを調整する事ができます。サイドポケットを利用すれば、ちょっとした小物や、すぐに取り出したい物を入れたい時など便利です。またリアシート上という、バイクの中で一番安定性の高い場所に装着するので、たくさん荷物を積んでも、安定性を低下させにくいです。その他、シートバッグは、横幅を広げる事がありません。その為、バイクのすり抜けを邪魔する心配がないので、他のタイプのバッグと比較すると、事故の発生リスクを軽減したり、ストレスを感じる事なく走行する事ができます。またシートバッグをしっかりと固定しておけば、停車中にちょっとした背もたれにする事ができます。シートバッグを装着することで様々なメリットがあるので、おすすめです。

収納力や取り出しやすさ

バイク

シートバッグは、ツーリングやキャンプの際に重宝される、さまざまな物を収納できるバッグです。シートバッグの多くは、本体以外にもレインカバーや固定ベルト、接続ベルトなどが備わっており、それらも荷物の搭載に役立っています。また、ホルダーベルトやホールディングコードが備わっているため、キャンプで使用するマットやテントなども容易に搭載できます。シートバッグは、バイクに固定するのですが、着脱も容易にできます。そして、ツーリング中の衣服や手袋等の、予想外に増えた品物を搭載する際にも役立ちます。シートバッグには、上面収納袋も備わっており、本体の収納物を崩すことなく、思いがけなく増えた品物の搭載に効果的です。上面収納袋は、シートバッグの上に取り付けることができます。また、ボトルホルダーもシートバッグには備わっており、大きいサイズのペットボトルも容易に収めることができます。ホルダーベルトは、キャンプで使用するマットやテント、三脚などの嵩張る品物の搭載に効果的なアイテムです。シートバッグは、上部に品物があっても、積み荷を崩さずに両側から品物の出し入れが可能な両サイドオープンファスナーを取り入れている商品が多いです。また、ツーリングの途中で買った商品の搭載にも役立つ、増量ポケットも備わっています。そして、ツーリングをしていると、予想外の雨に遭遇することもあります。そのため、レインカバーは付属されており、安心してツーリングを行えます。