レディースもののピアスを買おう|自分を演出できる最高のアイテム

ツーリングの際に使います

不要の時は保管しておく

バッグ

シートバッグとは、バイクの後方に取り付けるバッグで、ツーリングなどを行う際にいろいろな道具やモノをしまっておく場所になります。ツーリングは毎日行うものではありませんし、大きなシートバッグを取り付けているままではバイクに乗りにくいので、不要の際はシートバッグを取り外しておきます。ツーリングの際に使用したシートバッグはホコリがついているので、キレイにしておきます。雨が降っていて濡れてしまっていたら、きちんと乾かします。濡れたまま仕舞ってしまうと、カビが生えてしまうので注意が必要です。シートバッグが革製であるなら、レザートリートメントを塗っておきます。シートバッグが型崩れしないように、中に詰め物をしておきましょう。詰めるものは新聞紙でよく、新聞紙に使われているインクの臭いが虫よけにもなります。ただ、バッグの方にもインクのシミができてしまわないようにキッチンペーパーなどで包んでおくと安心です。型崩れさせないようにと思って新聞紙をぎゅうぎゅうに詰めてしまうのもよくありません。シートバッグを保管する場所は、湿気の少ない場所を選びます。といっても日本は雨が降りやすい地域でもありますし、梅雨の季節は特に湿気が気になります。なので、仕舞う場所には除湿剤を置いておくとよいです。湿気は下部にたまりやすいので、できるだけクローゼットの上部に置きます。ホコリよけのためにシートバッグを袋の中に入れておく人は多いですが、ビニール袋に入れてしまうと通気性が悪いので湿気が溜まりやすくなってしまいます。通気性のいい不織布に包んで保管しておきます。

容量以外にも注目

バッグ

バイクを楽しむ人にとって、ツーリングに出かけることは醍醐味の一つでしょう。慣れてきたら、宿泊を伴う長距離ツーリングに出かけたいという夢も出てくるかもしれません。そんなときに出てくる問題が、荷物のことです。車での旅行は大量の荷物であっても積み込みは簡単です。しかしバイクでの旅行はトランクがないために、どこに収納するかが問題となります。日帰りツーリングであれば、リュックサックで出かけることも可能ですが、宿泊を伴う旅行の場合は、そうはいかないでしょう。あまりに大きなリュックサックはバイク運転のバランスを崩すことにもなりかねず危険です。そこで便利なのがシートバッグです。バイク運転手の座席であるシートの後方には、背中を支える部分があります。その部分に取り付けることが出来る収納バッグがシートバッグです。大容量のシートバッグがあれば、連泊などで荷物が多くなる長期間のツーリングも可能になります。また、大容量のシートバッグを選ぶ際には、ちょっとしたポイントに注意することで、より使いやすいタイプを選ぶことが出来るのです。大容量のシートバッグを選ぶときに、ついつい目が行きがちなのが容量です。なるべく大きなものをという基準で選んでしまうと、あとで使いにくいという結果になることも少なくありません。例えば、容量が可変するタイプのものを選べば、急な荷物の増減にも対処が出来ます。また、取り出し口が上部と横側と両方から取り出せるようになっていると、奥の方に入れた荷物の出し入れが楽になります。そして、脱着式ポーチが付属しているものであれば、休憩時に貴重品だけ持っていく事が可能になり、とても便利です。このように容量のみにこだわらず、使いやすさに考慮したデザインを選ぶことがポイントなのです。

ツーリングに最適

オートバイ

バイクを乗る人の楽しみといえばツーリングです。ツーリング仲間と走るのも一人でお気に入りのコースを走るのも多くのバイク乗りが趣味として楽しんでいますが、そんなツーリングに最適なアイテムがシートバッグです。バイクや自動車用品店で数多くのシートバッグが取り扱われており、ツーリングを楽しむ人々を支えています。シートバッグは大きさと機能性の良さが魅力です。大きさですが、バイクに備え付けるシートバッグでも長いツーリングに使えるよう大きなものが好んで選ばれています。ツーリングは数日や数週間だけではなく数カ月にも及ぶ長期の場合があり、それだけ必要なアイテムの数も増えることになります。容量のあるシートバッグなら多くのアイテムを入れて走ることができ、保存にも適しているのです。容量があるにもかかわらず運転の邪魔にならないことも人気を博している理由の一つです。大きさだけでなく機能性にも優れており、バイク用のシートバッグならバイク本体から簡単に取り外しすることができます。長いツーリングで汚れてしまったら取り外して洗うこともでき、新しいものに取り換えることも楽に行えます。装着用のベルトをしっかりとはめていればツーリング中にシートバッグが外れてしまうこともありません。安心して使うことができます。大きさや気軽に使える機能性の良さでなく、デザインや値段など他の要素で考えてもシートバッグのバリエーションは豊富なものとなっており、数多くのものの中から自分の好きなものを選ぶことができます。